カテゴリー「未分類」の記事

株式累計投資とは

2014年6月15日 / 未分類

gf1120209840m株式累計投資とは毎月一定額の金額で株式を定期的に購入するサービスのことで一般的に「るいとう」と呼ばれています。毎月1万円以上1000円単位からの積み立て投資が可能となっています。金額的にはいきなり単元株を買いにくい銘柄でもこの「るいとう」を利用すれば毎月の投資金額に応じて少しずつ株式を購入し積み立てることができます。積み立てた株式からの配当金は積み立て中の銘柄の買い付けのために再投資にまわされ、また、積み立てた株数が単元株以上になれば議決権や株主優待等の権利も得ることができます。さらに、時間をずらしながら購入することで株価が高い時には購入する株式は少なくなり、逆に株価が安い時には購入する株式が多くなるといったいわゆる「ドルコスト平均法」により長期的にリスクの分散をはかることができるというメリットもあります。一方で、証券会社によって取引できる銘柄が限定されている他に、口座管理料が必要だったり買い付け手数料がやや割高となっていたり、さらには単元株以上の取引の時にできるような指値での注文ができないといったデメリットもあります。この「るいとう」はもともとは一部の大手の証券会社のみが提供しているサービスでしたが、最近では、ネット系の証券会社でも同様のサービスが提供されており、より低金額・より低コストで株式を積み立てることが可能となってきています。

株式ミニ投資とは

2014年6月15日 / 未分類

gf1120107989w株式ミニ投資とは、単元株の10分の1の単位から株式を購入することができる仕組みです。通常、株式は単元株として100株や1000株単位で売買されています。しかし、ミニ株ならば単元株100株でも、10株からの取引が可能となります。単元株の10分の1で株式が購入できるようになることで、少額しか投資できない人でも株式投資ができるようになってきます。また、ミニ株を用いることによって、複数回に分けて投資をする分散投資が可能となるメリットが生まれてきます。投資の時間分散を行うことで高値掴みをなくすことができ、保有株式単価を平均化することに繋がります。しかし、ミニ株の取引きでは売買手数料が割高になってしまうデメリットが出てきます。とくに株式を10株などの購入金額が低いと最低売買手数料が決まっているため、手数料比率が高くなるので注意が必要です。また、ミニ株の投資対象企業というのは証券会社などによって、一部の企業に限定されている特徴があります。とくに単元株が1株の場合はミニ株として取り扱われていません。よって、投資したい企業がミニ株の対象になっていない場合も多く出てくるため、予め取扱い銘柄かどうかをチェックしておくことが重要です。

単元株とは

2014年6月15日 / 未分類

gf1120107985w単元株とは、売買単位で取り引きをするものを指します。普通に取り引きをする株だと考えれば良いでしょう。この言葉は、単元未満株に対して使われるものです。
証券会社を通して取引所で取り引きをする場合、1株から買うことができるわけではありません。売買単位が定められていて、その単位でし売買することはできないのです。例えば、株価が100円前後で動いているものがあって、売買単位が1000株となっていれば、10万円くらいで売買をすることになるのです。
これが基本なのですが、定められている売買単位よりも少ない株数を売買することができるシステムがあります。これを単元未満株と呼びます。もともと少ない資金で売買できるように定められているものもありますが、証券会社によっては売ることしかできない場合もあります。株式分割などがあれば保有している株数が少しだけ増える場合もあります。このような場合に、端数の部分を売却する方法として単元未満株の取引ができる場合があります。
このような単元未満株という言葉に対する言葉だと考えておくべきで、普通に株式の取り引きをするときには特に意識をしなくても良く、単独では使われることはあまりありません。

国内株式投資の利点と欠点

2014年6月15日 / 未分類

国内株式投資をするもっとも大きな利点は、企業について分かりやすい事が挙げられます。例えば、最近ではスマホの普及によってゲーム業界がい活性化してきています。ゲーム好きの人なら、どの企業の業績が上がるのかをある程度は予想することができるでしょう。あるいは、主婦でもスーパーで見かける商品をよく見ていれば、どのメーカーのものがよく売れているのかが分かります。身近な存在ですから、銘柄を選別するときのプラスアルファに使うことができるという利点があるのです。また、国内情勢が分かりやすいですから、例えば政治などが与える影響なども理解しやすいというメリットはあるでしょう。日本人だからこそ分かりやすいものがたくさんあるのです。
欠点もいくつかあります。まず、内需が縮小していることが挙げられます。かつては、日本は需要が強くて色々なものが売れたのですが、現在ではすでに新たな商品やサービスが開発されて販売されることはなくなってきているようです。最近の新しいものと言えばスマホやタブレットくらいで、他に目新しいものはなく、積極的に市場が拡大すると言うことは考えにくい状態だと言えるでしょう。新興国などに比べると、これは明らかな欠点と考えられます。

貸し倉庫

2014年6月15日 / 未分類

gf0780078654l日本ではアベノミクス効果によって円安となり、その後も順調に株価が値を持ち直してきています。一部の人たちは日本に景気が戻ってきたことを大きく騒いではいるものの、その恩恵に預かれるのは大企業や僅かな投資家に過ぎません。それ意外の人たちは来るべき老後に備えて自分なりの蓄えを怠らずに前へ進んでいかなければなりません。その上でとても効果的な投資手段となるのが貸し倉庫の運営です。

この日本の住宅はどこも敷地が狭く、しかも最近ではマンション住まいが増え、ますます収納場所は限られてきています。それらの余分な荷物を捨てるのではなく、どこか他の場所に保管しておけるのは願ってもないこと。その意味でも倉庫という選択肢に多くの注目が集まっているのは明らかです。しかるべき敷地を買い取って倉庫を設置し、そのオーナーとしてスペースを貸与し出すことでその賃料が定期的な収入となり、多くの利潤を生むというわけです。

また最近ではパソコンを使って多くの企業や個人がネット上で通販ショップを経営できる世の中になってきました。そこで取り扱う大量の商品を管理する上では、自宅では到底スペースがまかないきれません。となるとやはりニーズが伸びるのは倉庫の活用。このような商業的な活動の一環でも倉庫は愛用されており、この必要性ゆえに倉庫運営という選択肢が注目を集めているのです。

マンション経営について

2014年6月15日 / 未分類

マンションを一部屋だけ所有することによって賃料収入を得ることはできます。そのメリットは、まず投資額があまり大きくならないことが挙げられます。建物を全て購入するのではありませんから、金額は小さくなります。一般的なサラリーマンでも住宅ローンを組んで購入することが多いですから、多くの人にとって高すぎる買い物ではありません。ローンさえ組むことができれば購入することができますし、またローンも組みやすいという傾向はあります。
また、共用部分については管理組合がすべて管理を行ってくれます。ですから、所有者としては部屋の管理をしていれば良く、部屋の管理と言っても不具合が生じなければ特に何もする事はありません。クレーム対応や集金業務に関しても管理会社に委託すれば良いですから、手間暇がかからないというメリットがあります。
ただし、一部屋だけですから空室率が100%になる可能性は否定できないでしょう。空室率は0%か100%かのどちらかですから、もしも100%になって賃料収入がまったくなくなったときにも耐えうるような資金計画を立てておくことは必要となってきます。また、空室であっても管理するための費用は支払っていかなければならないというデメリットもあります。

駐車場経営について

2014年6月15日 / 未分類

土地は大切な財産ですが、せっかく持っていてもその土地を十分に生かしきれていないという方も多いのではないでしょうか。
土地は使っていない場合でも毎年の固定資産税など維持費もかかりますし、同じ持つのであればより有効に利用していきたいものです。

最近はマンションやアパートを経営される方も増えていますが、そうした場合はかなり資金力も必要となりますし、立地が良くない場合はせっかく建てても入居者が集まりにくい傾向にあります。

そこでおすすめしたいのが駐車場経営です

この場合は建物を建てる必要がありませんので、比較的小資金から始めることができます。

そしてコインパーキングなら、一台などのスペースからでも作ることができますので、極狭土地や変形した土地の場合もより有効に利用できるようになります。

立体で作る方法もありますが、平面の場合はより初期費用を抑えることもできます。

月極めで経営されている場合もすべて埋まらない場合もありますが、その空きをいかしてコインパーキングにすればより無駄がありません。

経営方法は土地のオーナーが設置から管理まで自己経営で行なう方法もありますし、専門の業者に運営を委託する方法もありますので、それぞれに合った経営方法で利益をあげていきましょう。

アパート経営について

2014年6月15日 / 未分類

gf0640255792lアパート一棟を所有するメリットは、空室リスクを下げられることが挙げられます。アパートには多くの部屋がありますが、これらが全て空室になってしまうと言うことは考えにくいでしょう。一度に退去するということは、あり得ないとは言い切れないのですが、あまり考えられないことです。ですから、空室率が一気に上がることは少なく、空室リスクを下げる事ができるというメリットがあります。
また、土地ごと所有するのが一般的ですから、所有している土地の内部は自由にすることができるというメリットもあります。空いている土地に自動販売機を設置して収益を得ることもできますし、そのほかにも色々な目的で使うことができます。経営の自由度が上がると言うこともできます。
このように色々なメリットはあるのですが、管理を全て行わなければならないというデメリットもあります。例えば、建物の構造に関する部分についての修繕をしなければなりませんから、長期的な計画を立てて積み立てて行くことも必要となってきます。全て自由にできると言うことですから、全ての責任を負わなければならないと言うことになるのです。自由に色々できる代わりに手間暇は欠けなければならないと考えておくべきでしょう。

不動産投資のメリットデメリット

2014年6月15日 / 未分類

不動産投資のメリットとしては、まず税制面での優遇があります。不動産を所有していれば、現金や預金などで保有しているよりも評価額が小さくなります。そのため、相続税などの税金の評価の時に優遇され、納めなければならない税金の金額を小さくできるというメリットがあります。
また、収入を得られるのも魅力の一つです。賃料収入を得ることができますし、また不動産価格が上昇すれば売却益を得ることができます。比較的安定して賃料収入を得ることができますから、これを目的として投資をする人も多くいます。
デメリットとしては手間暇がかかることが挙げられます。不動産は、所有していれば自動的に利益が得られるものではありません。建物を維持するために修繕をしなければなりませんし、長期にわたる計画を立てることも必要となってきます。意外にも時間がかかりルものだと言えるでしょう。
また、様々なリスクを抱えているというデメリットもあります。例えば、金利が上昇すると利息が増えるというリスクがあります。また、経済状態によって収益が減ってしまうと言うリスクもあります。様々なリスクが存在しますから、安全な投資では亡いということを知っておかなければならないでしょう。

TOPへ戻る