不動産投資のメリットデメリット

2014年6月15日 / 未分類

不動産投資のメリットとしては、まず税制面での優遇があります。不動産を所有していれば、現金や預金などで保有しているよりも評価額が小さくなります。そのため、相続税などの税金の評価の時に優遇され、納めなければならない税金の金額を小さくできるというメリットがあります。
また、収入を得られるのも魅力の一つです。賃料収入を得ることができますし、また不動産価格が上昇すれば売却益を得ることができます。比較的安定して賃料収入を得ることができますから、これを目的として投資をする人も多くいます。
デメリットとしては手間暇がかかることが挙げられます。不動産は、所有していれば自動的に利益が得られるものではありません。建物を維持するために修繕をしなければなりませんし、長期にわたる計画を立てることも必要となってきます。意外にも時間がかかりルものだと言えるでしょう。
また、様々なリスクを抱えているというデメリットもあります。例えば、金利が上昇すると利息が増えるというリスクがあります。また、経済状態によって収益が減ってしまうと言うリスクもあります。様々なリスクが存在しますから、安全な投資では亡いということを知っておかなければならないでしょう。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る