株式累計投資とは

2014年6月15日 / 未分類

gf1120209840m株式累計投資とは毎月一定額の金額で株式を定期的に購入するサービスのことで一般的に「るいとう」と呼ばれています。毎月1万円以上1000円単位からの積み立て投資が可能となっています。金額的にはいきなり単元株を買いにくい銘柄でもこの「るいとう」を利用すれば毎月の投資金額に応じて少しずつ株式を購入し積み立てることができます。積み立てた株式からの配当金は積み立て中の銘柄の買い付けのために再投資にまわされ、また、積み立てた株数が単元株以上になれば議決権や株主優待等の権利も得ることができます。さらに、時間をずらしながら購入することで株価が高い時には購入する株式は少なくなり、逆に株価が安い時には購入する株式が多くなるといったいわゆる「ドルコスト平均法」により長期的にリスクの分散をはかることができるというメリットもあります。一方で、証券会社によって取引できる銘柄が限定されている他に、口座管理料が必要だったり買い付け手数料がやや割高となっていたり、さらには単元株以上の取引の時にできるような指値での注文ができないといったデメリットもあります。この「るいとう」はもともとは一部の大手の証券会社のみが提供しているサービスでしたが、最近では、ネット系の証券会社でも同様のサービスが提供されており、より低金額・より低コストで株式を積み立てることが可能となってきています。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る