国内株式投資の利点と欠点

2014年6月15日 / 未分類

国内株式投資をするもっとも大きな利点は、企業について分かりやすい事が挙げられます。例えば、最近ではスマホの普及によってゲーム業界がい活性化してきています。ゲーム好きの人なら、どの企業の業績が上がるのかをある程度は予想することができるでしょう。あるいは、主婦でもスーパーで見かける商品をよく見ていれば、どのメーカーのものがよく売れているのかが分かります。身近な存在ですから、銘柄を選別するときのプラスアルファに使うことができるという利点があるのです。また、国内情勢が分かりやすいですから、例えば政治などが与える影響なども理解しやすいというメリットはあるでしょう。日本人だからこそ分かりやすいものがたくさんあるのです。
欠点もいくつかあります。まず、内需が縮小していることが挙げられます。かつては、日本は需要が強くて色々なものが売れたのですが、現在ではすでに新たな商品やサービスが開発されて販売されることはなくなってきているようです。最近の新しいものと言えばスマホやタブレットくらいで、他に目新しいものはなく、積極的に市場が拡大すると言うことは考えにくい状態だと言えるでしょう。新興国などに比べると、これは明らかな欠点と考えられます。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る